もうすぐ10月も終わりますなぁ

久々の投稿です。

ご無沙汰しております。
UMUです。
このブログの管理人というか、このブログの主な筆者をしております。

と、まぁ特に意味も無く自己紹介してしまいましたが
みなさん、元気ですか?

早いもので10月ももうすぐ終わりですね。
思えば、ブログも全く書いてなかったんだね。
あんまり書く気にもならなかったから、ま、許してちょ。

えーっと、昨日はハックフィンでライブでした。
来てくれたみなさん、どーもありがとうさんです。
黒ちゃん、共演のみなさん、ハックフィンのみなさん、
お疲れさまでした。

非常に抽象的なハナシで申し訳ないのですが
なんつーか、ひじょーに丸みがあるというか、柔らかいというか、
角が取れた感じのライブをしようと思ったんです、この日は。
うーん、分かりにくいね。

まー、ものすごく乱暴にいうと
初期のジェームステイラーや同じく初期のポールサイモン、
あるいはジョビンやジルベルトといった
ごく創成期のボサノヴァのような(うーん、これはかなり語弊があるかな)
みたいな感じというか。。

もちろん、あくまでも感触に於いてのハナシであって
才能がおおいに足りていないボクがやっても、
彼らの足元には遠く及ばないのはわかりきった事だし
そもそもその人たちを完璧に目指しているというわけでもないので、
まぁ、そんな感触と自分のパーソナリティが
上手く混ざるようなライブになればええかなぁなど
思いながらライブに挑んだわけです。

んで、実際のライブはというと
他の出演者と出す音があまりにも違い過ぎていたので
ボクだけかなり浮いておりました・・(笑)。
ま、そういうボクの目指したものを
聴きに来ているような人もあまりいなかったように思うので
お客さんから見たら不思議な感じだったかもしてませんが、
ピンポイントで狙いを定めた人たちからは思った通りの反応があり、
個人的には割と手応えがあったかなという感じです。

当然ながらこれが完成形というわけでもないし
コード感やら音の出し方をはじめ、ライブの運びなんかも
色々と不完全なところも多々あったので
まだまだ試行錯誤をしていかねばならんですな。

あと、この日久しぶりに共演したドンドンのライブは凄かったなぁ。
ボクとはある意味正反対の方向に向かっているのかもしれないけど、
非常に研ぎすまされていて目の覚めるような凄まじいギグでした。

とても対照的ではあるけど、というか対照的であるからこそ、
また2人でなんかやってみたいなぁとボクは勝手に思ってますよ。
ドンドン、よろしくねー(笑)











Information

◎リリース
【UMU】
「MOVE ON」
station.jpg
¥1000(税抜き)
「PANORAMA360」
6f8334d4.jpg
¥1680(税込み)

【big the grape】
「sour grapes」
6f8334d4.jpg
¥1700(税込み)
「How!?」
6f8334d4.jpg
¥1700(税込み)

【freakyfrog】
「freakyfrog」
6f8334d4.jpg
¥2300(税込み)

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Archives